ペット 猫の健康 猫の食事

猫にとってのスルメと生のイカにおいて注意点とは?食べると腰を抜かすってどういう意味?

焼いたスルメは酒のおつまみにもちょうど合い、猫もいい匂いに惹かれて近づいてきますよね。今回は猫にとってNGな食材である「イカ」について解説いたします。猫にとってイカの何が危険なのか?どのような症状が出るのか?食べるための工夫や誤って食べてしまった時の対応など、ご覧ください。

今回は以下のことをお話ししています。

  • 乾燥スルメは胃腸に影響が?
  • 生イカなどに含まれるチアミノーゼが猫の後ろ足を麻痺させる?
  • チアミノーぜは熱処理できる?

猫にスルメもNG?乾燥されているものが胃の中で膨張することも

スルメは、生のイカを乾燥させて作られた食品であり、その特性から猫に与えることはお勧めできません。生のイカを乾燥させる過程で消化が悪くなり、胃の水分で膨れて胃腸に詰まる危険があるためです。さらにイカに含まれる成分の中でチアミナーゼが熱処理されているかどうかが重要です。

また、アタリメやさきいかなども同様に注意が必要で、匂いに引かれて猫が口にする可能性があります。これらの食品は猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、与えない方がいいでしょう。

猫には猫用の食品を与えることが最も安全で健康的です。猫の食事には特有の栄養素が必要であり、適切な食事をさせてあげることが重要。他の食品を与える場合は、獣医師に相談するか、猫の食事に適しているかどうか確認することをお勧めします。

猫に生のイカはNG!イカソーメンなどもだめ その理由は?

イカやタコに含まれるチアミナーゼは、猫の体内でビタミンB1を破壊し、ビタミンB1の欠乏症状を引き起こす可能性があります。ビタミンB1の欠乏は、歩行困難や嘔吐などの症状を引き起こす可能性があります。

チアミナーゼとは?

  • チアミナーゼは、生のイカやシダ類(ワラビやゼンマイ)、淡水魚(コイやフナ、金魚)、貝類(ハマグリ)やタコなどに含まれる酵素である。
  • チアミナーゼはビタミンB1(チアミン)を分解する効果がある成分である。
  • イカや淡水魚、貝類などが含むチアミナーゼは、ビタミンB1の分解に関与し、ビタミンB1欠乏症のリスクを引き起こす可能性がある。
  • 特にイカなどの生の食材を摂取する際は、この酵素によるビタミンB1の分解に注意が必要であり、十分な調理や食材の選択が重要となる。

また、イカやタコの摂取により、消化が悪くなり、胃の中で水分を吸収して膨張し、急性胃拡張や腹痛、嘔吐などの問題が発生する可能性があります。さらに、ミネラルの大量摂取は尿路結石を引き起こす可能性があります。

総合的に考えると、生の素材を使うイカソーメンは猫にとっては避けた方が良い食材の一つと言えます。ペットの食事に関しては、安全で栄養バランスの取れた食事を提供することが重要です。具体的な食材を与える前に、動物医師に相談し、適切な食事プランを確立することが良いでしょう。

以下の刺身盛り合わせ

>>>【要注意!】猫にタコはNG?理由と食べてしまった時の対処法とは

猫にスルメを与えると腰が抜ける!?って聞いたことあるけどなぜ?

スルメを猫に与えて腰が抜けるってどういうこと?

生のイカやタコ、甲殻類に含まれるチアミナーゼという酵素がチアミン(ビタミンB1)を分解する性質があることは上記でもお話ししておりますが、これが猫にとって問題となるのは、猫は自身でビタミンB1を合成することができず、食事から取り入れる必要があるためです。

猫が生のイカなどを摂取し、その中のチアミナーゼがチアミンを分解すると、ビタミンB1の不足が生じ、それがチアミン欠乏症として現れます。この状態では、後ろ足のふらつきや麻痺などが起こり、「腰が抜ける」と表現されます。

チアミノーぜは熱に弱い

上記の話はあくまでも生のイカやタコ、甲殻類に限ってのことであり熱処理をしているイカなどにはチアミノーぜは存在していません。

ペットに生のイカや甲殻類を与える際は、チアミナーゼの影響を考慮して適切な量や頻度で与えることが重要です。過剰な摂取は猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

正面を見て健康な猫

猫が生のイカを食べてしまった時の対処法は?

猫が生のイカを食べてしまった場合の対処法

  • 即座に口から取り除く: イカが口に入っている場合は、指で取り除きます。ただし、無理に吐き出させないように注意が必要です。
  • 吐き出させないで受診: イカを飲み込んでしまった場合は、無理に吐き出させず、動物病院を受診しましょう。
  • 症状の注意: 少量であれば症状が出にくいですが、多量の摂取で異常が見られる場合は、すぐに動物病院へ。
  • 動物病院の受診: 受診時に、食べたイカの量や摂取した時刻などの情報をメモしておくと、獣医師の診察がスムーズに進むでしょう。
  • 獣医師の判断に従う: 獣医師が必要な検査や治療を提案する場合は、その指示に従いましょう。
  • 猫の体調や年齢にもよりますが緊急性がある場合や症状が重篤な場合は、迅速に動物病院を受診することが重要です。

>>猫の病気とどう向き合う? 治療費に心構えを 獣医師が解説

猫に有害で危険な一部の食材

  • 玉ネギとニンニク: 赤血球を破壊する成分が含まれており、中毒の原因となります。
  • 生卵、生肉、骨: 消化しきれない成分や感染症のリスクがあります。
  • チョコレート、カフェイン入り飲料: カカオに含まれるテオブロミンやカフェインが中枢神経系や心臓に影響を与えます。
  • アルコール、生のパン生地: アルコールは有害であり、パン生地の発酵によりアルコールが生成される可能性があります。
  • 牛乳、乳製品: 乳糖不耐症があるため、下痢や消化不良を引き起こす可能性があります。
  • ブドウ、レーズン: 腎臓に損傷を与える可能性があり、摂取は避けるべきです。
  • ドッグフード: 猫用の栄養バランスと異なり、健康に悪影響を与える可能性があります。
香箱座りになりかけている猫
猫の避妊手術のすべて:時期、費用、準備、利点、リスク、そして成功のためのポイントを解説

2024/5/19

術前の血液検査は5,000円から10,000円程度です。これにより、猫の健康状態を評価し、手術が安全に行えるかを確認します。

寝てるようで起きている
猫の3ヵ月〜1年の体重変化:小型・中型・大型猫の体重と痩せと肥満の原因と対策

2024/5/19

猫の平均体重はその品種やサイズによって大きく異なるため、一般的な分類として「小型」「中型」「大型」に分けて平均体重をお話しします。

爪研ぎをする猫
猫を去勢する前に知っておきたいこと:手順、費用、そして飼い主の役割・メリットとデメリットを解説

2024/5/18

「猫の去勢ってしておいた方がいいとは聞くけど実際に必要な理由とかそこまで詳しくないし、なんだか心配…」と思っている方も多くいるかとは思います。 今回は猫の去勢手術について、基本的な去勢をする理由であっ ...

猫にブラッシングをしているシーン
猫のコート別おすすめブラシ:長毛種から短毛種まで!猫の毛質別ブラッシング完全マニュアル

2024/5/17

猫のブラシングは毛並みを整えるだけでなく皮膚の健康と抜け毛を減らし毛玉の形成を防ぐ役割もあります。体調や皮膚の状態を知るためにブラッシングは猫とのコミュニケーションを取るためにも欠かす事ができません。

オッドアイの猫
猫の目は近視って知ってました?赤とピンクが識別できない?目が光る理由や猫の動体視力について解説

2024/5/14

猫は数メートル先の物体を非常に鋭く捉えることができますが、それ以上の距離では物の細部を見ることが難しくなります。これは猫が狩猟を行う際に、近距離での正確な動きを捉える能力が非常に重要であるため、そのように進化した結果です。

-ペット, , 猫の健康, 猫の食事
-, , ,