猫にブラッシングをしているシーン

ペット 猫の健康

猫のコート別おすすめブラシ:長毛種から短毛種まで!猫の毛質別ブラッシング完全マニュアル

猫を飼い始める時のデフォルトのアイテムの中に必ず入ってくる「ペットブラシ」ですが、その種類の多さたるや相当です。様々な形があって何を買えばいいのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか?

まずはブラシの目的と猫の毛並みの種類、自身の愛猫の毛並みの種類を理解することが大切です。猫のブラシングは毛並みを整えるだけでなく皮膚の健康と抜け毛を減らし毛玉の形成を防ぐ役割もあります。体調や皮膚の状態を知るためにブラッシングは猫とのコミュニケーションを取るためにも欠かす事ができません。

ブラッシングの目的

猫は自己清潔に優れた動物で、自分の舌を使って体をきれいに保つことができますが、それだけでは取り除けない汚れや問題が発生することもあります。特にお風呂に入らない猫にとって、ブラシングは非常に重要なケアの一部となります。

猫の毛につく汚れや毛玉をブラッシングで落とす

  1. 外部からの汚れ
    • 外を歩く猫は、土、ほこり、花粉などの外部からの汚れが毛に付着します。室内猫でも、窓辺で過ごすことによって同様の汚れが毛に付くことがあります。
  2. 皮脂や汗
    • 猫も人間と同じように皮脂を分泌します。過剰な皮脂は毛にベタつきを生じさせ、汚れが付着しやすくなります。
  3. 食べ物や飲み物
    • 食事中に食べ物や飲み物が毛に付着することがあります。特に長毛種は顎や顔の周辺の毛に食べ物がつきやすいです。
  4. 抜け毛と毛玉
    • 猫は定期的に毛が生え変わるため、古い毛が抜けて新しい毛が生えてきます。抜け毛が絡み合って毛玉ができることがあり、特に長毛種ではその傾向が強いです。

>>>猫が吐く“毛玉”とは!?毛玉ができる原因と4つの対策についても紹介

ブラシングは猫の健康維持だけでなく、愛猫との関係を深めるためにも大切な習慣です。定期的に行うことで、猫がより快適に過ごすことができるようになります。

飼い主にブラッシングをしてもらう猫

猫の毛の長さと生え方の種類

猫のブラシやコームは種類も役割も多種多様です。本来ブラッシングは猫が気持ちよく健康になるためのコミュニケーションです。ブラシの間違った選択は最悪の場合、猫にブラッシングそのものを怖がられヘタをすると皮膚などを傷つけてしまうことになるかもしれません。猫の毛のタイプによって適したブラシは異なりますので、参考までに以下のように分けて選ぶと良いでしょう。

毛の生え方・コートとは?

猫にはダブルとシングルのコート2種類の毛の生え方があります。

  • ダブルコート
    • 猫の毛をかき分けたときに肌が見えずに綿毛があればそれが下毛です。その綿毛と通常の毛の二層から構成されるのがダブルコートです。季節の変わり目に抜け毛増加により生え変わります。抜け毛が集まって毛玉になります。
  • シングルコート
    • 猫の毛をかき分けた時に直接肌が見えるかと思います。一層からなる毛並みがシングルコートです。比較的抜け毛は少なくブラッシングの手間が少ないのが特徴。
関連記事

猫の毛質別:おすすめペットブラシ

長毛種のダブルコート(例:メインクーン、ノルウェージャンフォレストキャット)

長毛種でダブルコートの猫は最も抜け毛が多く、換毛期になると生え変わりの影響で抜け毛だらけになります。日頃のブラッシングは欠かす事ができず、アンダーコート(一層)とオーバーコート(二層)どちらも最強に特化したブラシを選びましょう。

スリッカーブラシはピンがくの字になっており細かいワイヤーブラシがびっしりと密集しているブラシです。埃などの汚れや毛玉や毛玉の原因の抜け毛を効果的に取り除、血行促進のマッサージにも利用できます。

アンダーコートブラシ

アンダーコートの毛玉防止に特化したブラシ、猫が毛づくろいの際に飲み込んでしまう毛の量が減少し毛玉の量も減少します。猫の換毛期に欠かせないアイテムです。

プロのトリマーが選ぶ「ファーミネーター」

最安価格3,844円〜

世界中のペットオーナーから支持されている、小型猫用のアンダーコートを除去するブラッシング用品です。
刃の両端をスキンガードで覆っており、ペットの素肌を傷つけることなく安全に除毛できます。

Amazonで見る

楽天で見る

長毛種のシングルコート(例:バリニーズ、ソマリ)

長毛種のシングルコートは換毛期がなく生え変わりや抜け毛は少ない法ですが、抜けた毛自体が長いことで毛玉の原因になります。アンダーコートの綿毛がないので全体的に繊細な毛のみを手入れするイメージです。

ピンブラシ

長くて柔らかいピンが特徴で、繊細な毛に優しく毛の絡みをほぐします。ピンブラシの後にコームをするとさらに皮膚や毛並みの健康をキープできるでしょう!

ベストセラー・キャティーマン NSC 木製ピンブラシ

価格677円〜

  • 太めの木製先丸ピンが地肌をやさしくマッサージするブラッシングブラシ。
  • 木製ピンはラバークッションに植えつけてあり毛肌にフィット。
  • 太めの木製ピンが被毛をやさしくブラッシング。キューティクルにも優しい。

Amazonで見る

楽天で見る

ピンブラシでブラッシングをした後の仕上げにコームで埃や汚れを除去、長毛をさらに滑らかにし小さな絡みも取り除くのに適しています。

ペットコームは、ピンブラシやスリッカーブラシでは出来ない、顔まわりの細かいお手入れをすることが出来ます。 顔まわりをコームで整えることで、目やにを除去したり、被毛の通気性が良くなることで、涙やけの予防にもなります。

ベストセラー・ペット用コーム

価格599円〜

猫の毎日のお手入れに、 クロムメッキ製本格派コーム 半分は荒い目に、半分は細かい目になっているので、 これ一本でサッとのお手入れから仕上げ、顔周りまでOK!

Amazonで見る

楽天で見る

短毛種のダブルコート(例:スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア)

同じダブルコートでも長毛期と違うところは、マッサージや血行促進の要素もブラッシングに求める割合が多いかと思います。やはり換毛期には抜け毛が多く抜け毛除去に特化したブラシも使用するべきです。

ラバーグローブまたはグルーミンググローブ

表面の毛を整えつつ無駄毛を取り除くことはもちろんマッサージをしながら毛玉を除去致しますので、通常の毛玉取りに比べると嫌がる猫も少ないです。

ベストセラー・グルーミンググローブ

最安価格1,199円〜

素材がシリコンラバーとなっていますので、とても柔らかくペットが怪我をする心配はありません。 LINECY ラバーブラシ手袋左右セット 、1 x 保証書、 1 x 専用収納ボックス【1年間保証】ご購入日から、1年間メーカー保証付きます。

Amazonで見る

楽天で見る

スリッカーブラシ

短毛種もダブルコートになると換毛期には相当の抜け毛がありますのでスリッカーブラシやグルーミンググラブなどでごっそりと毎日ブラッシングをすることを推奨します。さらにブラッシング時に血行を良くする目的のブラッシングをする事がいいですね。

ベストセラー・スリッカーブラシ

最安価格2,069円〜

トリートメント、マッ サージ、抜け毛取り、シャワーなど、様々なシーンで大活躍してくれます。換毛期に毎日使えば、お洋服に付いた抜 け毛やお部屋に散らばった抜け毛が大幅削減できます。

Amazonで見る

楽天で見る

短毛種のシングルコート(例:シャム、ロシアンブルー)

つや出し用ブラシ

柔らかいブラシが適しており、敏感な皮膚にも優しいです。抜け毛を他のブラシで撮り終えた後の仕上げに使用する事が多く、綺麗好きな猫の習性にもぴったりです。

キャティーマン・木製ツヤ出しブラシ

最安価格639円〜

  • 手の平にすっぽり収まるサイズで使いやすいツヤ出しブラシ。
  • やわらかな天然の獣毛を密度高く植えている。
  • 天然の獣毛は静電気が起こりにくく、ペットの被毛にしっかりまとわりついて被毛をきれいにする。

Amazonで見る

楽天で見る

ラバー製ブラシ

毛の表面をなでるようにブラッシングして自然な光沢を引き出します。猫の肌にあわせたやわらかいラバーでマッサージしながら抜け毛を取りスッキリな被毛へ。マッサージと抜け毛取りの用途別に両面使えるから便利。

ベストセラー・ゴム製ブラシ

ブラシをかけられる猫

猫のブラッシングをしなかった場合の健康のリスク

猫に対して定期的なブラッシングを怠ることによって生じるリスク。特に長毛種や高齢の猫、体調が優れない猫ではその影響が顕著になることがあります。最悪の場合、以下のような健康問題が発生する可能性があります。

毛玉の蓄積

  • 消化器系の障害
    • 猫は自分の毛を舐めることで自己清潔を行いますが、ブラッシングが不足していると抜け毛が多くなり、それを飲み込むことが多くなります。これが胃や腸に溜まり、毛玉が形成され、嘔吐や消化不良、最悪の場合は腸閉塞を引き起こす可能性があります。

皮膚病の発生

  • 皮膚の感染症や炎症
    • ブラッシングによって通常取り除かれるべき死んだ皮膚、余分な皮脂、汚れなどが皮膚に蓄積すると、皮膚病の原因となる細菌や真菌が繁殖しやすくなります。これによって皮膚の痒み、赤み、脱毛などの問題が発生することがあります。

心理的ストレスの増加

  • 不快感やストレス
    • 毛玉が多く、皮膚が不快な状態にあると、猫はストレスを感じることがあります。猫はストレスに非常に敏感な動物であり、ストレスが原因で行動問題やその他の健康問題が引き起こされることもあります。

健康状態の見落とし

  • 健康問題の早期発見の遅延
    • 定期的なブラッシングを通じて、飼い主は猫の体の異常を早期に発見することができます。ブラッシングが行われないことで、腫瘍や皮膚の異常、怪我などが見逃されることがあります。

これらのリスクを避けるためには、猫の種類や年齢、健康状態に応じた適切なブラッシングが推奨されます。特に長毛種や老猫では、日常的なブラッシングが非常に重要です。

香箱座りになりかけている猫
猫の避妊手術のすべて:時期、費用、準備、利点、リスク、そして成功のためのポイントを解説

2024/5/19

術前の血液検査は5,000円から10,000円程度です。これにより、猫の健康状態を評価し、手術が安全に行えるかを確認します。

寝てるようで起きている
猫の3ヵ月〜1年の体重変化:小型・中型・大型猫の体重と痩せと肥満の原因と対策

2024/5/19

猫の平均体重はその品種やサイズによって大きく異なるため、一般的な分類として「小型」「中型」「大型」に分けて平均体重をお話しします。

爪研ぎをする猫
猫を去勢する前に知っておきたいこと:手順、費用、そして飼い主の役割・メリットとデメリットを解説

2024/5/18

「猫の去勢ってしておいた方がいいとは聞くけど実際に必要な理由とかそこまで詳しくないし、なんだか心配…」と思っている方も多くいるかとは思います。 今回は猫の去勢手術について、基本的な去勢をする理由であっ ...

猫にブラッシングをしているシーン
猫のコート別おすすめブラシ:長毛種から短毛種まで!猫の毛質別ブラッシング完全マニュアル

2024/5/17

猫のブラシングは毛並みを整えるだけでなく皮膚の健康と抜け毛を減らし毛玉の形成を防ぐ役割もあります。体調や皮膚の状態を知るためにブラッシングは猫とのコミュニケーションを取るためにも欠かす事ができません。

オッドアイの猫
猫の目は近視って知ってました?赤とピンクが識別できない?目が光る理由や猫の動体視力について解説

2024/5/14

猫は数メートル先の物体を非常に鋭く捉えることができますが、それ以上の距離では物の細部を見ることが難しくなります。これは猫が狩猟を行う際に、近距離での正確な動きを捉える能力が非常に重要であるため、そのように進化した結果です。

-ペット, , 猫の健康
-, , ,