猫に危険なナッツ類と猫

ペット 猫の健康 猫の食事

猫はナッツ類を食べれる?マカダミアナッツやその他ナッツ系による危険な中毒症状を解説

猫に危険な食べ物は沢山ありますがその一部はチョコレートやタマネギのように人の生活の中でとても身近で、それがとても恐ろしいことですよね。猫という動物は好奇心旺盛で見たもの触れたもの匂ってみたり、食べてみたり…今回はハワイ土産でお馴染みの「マカデミアナッツ」や猫にとって、その他危険なナッツ類のご紹介をしてまいります。この記事が猫や飼い主様の助けになれば幸いです。

猫に比較的安全なナッツ類

猫の食事にナッツ類を加えることは一般的ではありませんが、時には猫がナッツ類に興味を示すこともあります。しかし、全てのナッツが猫にとって安全なわけではなく中には危険なものもあります。ここでは、猫が食べても安全なナッツ、避けるべきナッツ、それぞれの危険性、中毒症状、そして万が一猫がナッツを食べた際の飼い主の対応策について詳しく説明します。

無塩でローストされたピスタチオやカ

一般的に、猫が食べることが推奨されるナッツ類は非常に限られています。 安全とされるナッツも、その量を非常に限定し、稀に与える程度に留めるべきです。例えば、無塩でローストされたピスタチオカシューナッツは、小さな量であれば問題ないことがありますが基本的には猫にナッツを与える必要はありません。

ピーナッツ

ピーナッツ自体は特に有毒ではありませんが、脂肪分が高く消化しにくいため、猫には適していません。また、ピーナッツはしばしば塩分や調味料が加えられており、これが猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、カビが発生しやすい食品でもあり、カビが生じたピーナッツはアフラトキシンに汚染されるリスクが高く、これは猫にとって非常に有害です。

猫にこれらのナッツ類を与えることは、一般的に推奨されません。カビのリスクや有毒な成分を含むものもあるため、安全を期して避けるのがベストです。

猫に危険なマカダミアナッツを隠す飼い主と猫

安全だとしてもナッツ類は与えなくてよい理由

実際には、猫にとって無塩でローストされたピスタチオやカシューナッツが完全に無害というわけではありません。これらのナッツも、猫に与える際には注意が必要です。以下に、これらのナッツが猫にとってリスクを伴う可能性があるいくつかの理由を説明します。

脂肪含有量が高い

ピスタチオカシューナッツは脂肪含有量が非常に高いです。猫が高脂肪の食品を食べると、胃腸の不調膵炎(すいえん)などの消化器系の問題を引き起こすリスクがあります。特に猫は小さな体で脂肪を効率的に消化するのが難しいため、高脂肪のナッツは適していません。

>>>猫の膵炎とは、どのような傷病なのでしょうか?

カビ毒素のリスク

ナッツはカビが生えやすい食品です。カビが生じるとアフラトキシンなどの有毒な毒素が生成されることがあり、これが猫の健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。無塩でローストされたナッツであっても、保管状態によってはカビが生じることがあります。

>>>ピーナッツに生えたカビはキケン!見分け方とカビの発生を防ぐ方法

アレルギー反応

猫はナッツに対してアレルギーを持っている場合があります。アレルギー反応は、皮膚の問題や消化不良、呼吸困難など、さまざまな形で現れることがあります。

消化しにくい

ナッツは一般に消化しにくい食品です。猫の消化器官は肉類を主食として進化しており、ナッツのような植物性たんぱく質や脂肪を効率的に処理するための酵素が不足しています。そのため、ナッツを消化する過程で胃腸に負担がかかることがあります。

ペニトリウムA(Penitrem A)は、特定のペニシリウム属のカビが生成するマイコトキシンの一種です。この毒素は主に食品や飼料にカビが生えた際に発生し、特に湿度が高い条件下で保存されたナッツ、穀物、果物などに見られます。ペニトリウムAは神経毒として作用し、猫などのペットが摂取した場合、重篤な健康問題を引き起こす可能性があります。

無塩ローストされたピスタチオカシューナッツが他のナッツと比較して相対的に安全であると言えるかもしれませんが、これらを猫に与えることは一般的に推奨されません。猫の食事にナッツを含める場合は、非常に少量に留め、獣医師と相談することが重要です。ナッツを与える際には、猫の健康状態やアレルギーの有無に注意し、任意の健康問題に対して迅速に対応できるようにしてください。

吐きそうになってる猫

猫が絶対食べてはいけないナッツ類

猫にとっては非常に有毒で、摂取すると筋肉の弱さ、発熱、歩行困難などの症状が現れることがあります。

マカダミアナッツは猫にとって非常に有害であり摂取すると重篤な健康問題を引き起こす可能性があります。以下に、マカダミアナッツを食べた猫の具体的な症状、症状が現れるまでの時間、及び症状が出る量について詳しく説明します。

>>>マカダミアナッツの栄養成分(オーストラリア・マカダミア協会)

関連記事

マカダミアナッツを食べた時の具体的な症状

マカダミアナッツを摂取した猫に見られる症状には以下のようなものがあります:

  1. 筋肉の弱さ
    • 猫が普通よりもふらついたり、立ち上がるのが困難だったりすることがあります。
  2. 発熱
    • 体温が通常よりも高くなることがあります。
  3. 歩行困難
    • 後ろ足が弱くなったり、全体的に歩くのが難しくなったりします。
  4. 嘔吐(おうと)
    • 消化器系の反応として嘔吐(おうと)が見られることがあります。
  5. 不安や落ち着かない様子
    • 不快感から鳴き声が多くなったり、落ち着きがなくなることがあります。

症状が出るまでの時間

マカダミアナッツを食べてから症状が現れるまでの時間は、摂取量や猫の体重、健康状態によって異なりますが、通常は12時間以内に症状が現れ始めます。中には数時間以内に急速に症状が進行するケースもあります。

症状が出る量

マカダミアナッツ致命的な量についての明確な情報は少ないですが、猫にとっては非常に少量であっても重篤な症状を引き起こす可能性があると考えられています。具体的な数字を定めるのは難しいですが、数個のマカダミアナッツでも症状が現れることがあります。

マカダミアナッツは猫にとって非常に有害なため、これらのナッツが猫の手の届く場所にないようにすることが、最も効果的な予防策です。

具合悪そうな猫

ピーカンナッツ、ウォールナッツ、ヒッコリーナッツは、いずれも猫にとって摂取すべきではないナッツ類です。これらのナッツはアフラトキシンというカビ毒素を含むことがあり、猫に有毒です。以下に、これらのナッツを食べた際の具体的な症状、症状が出るまでの時間、および症状が出る量について説明します。

>>>ピーカンナッツとは!?おすすめナッツの種類と特徴を徹底解説!

関連記事

具体的な症状

これらのナッツを食べた猫のなる可能性のある症状には以下のようなものがあります。

  1. 嘔吐(おうと)
    • 消化器系の反応として最も一般的な症状です。
  2. 下痢(げり)
    • 消化不良を示す別の一般的な症状です。
  3. 無力感または活力の喪失
    • 体全体の倦怠感や活動量の減少が見られます。
  4. 黄疸(おうだん)
    • 肝機能障害の兆候として、皮膚や目の白い部分が黄色くなることがあります。
  5. 異常な行動やけいれん
    • 神経系への影響がある場合に見られる症状です。

症状が出るまでの時間

これらのナッツを食べた後、症状が現れるまでの時間は数時間から24時間程度です。症状の発現速度は、食べた量や猫の体調、体重によって異なります。

症状が出る量

具体的な毒性量についての情報は限られていますが、特に小型の猫や幼い猫の場合、非常に少量でも症状が現れることがあります。これは、ナッツが含む脂肪の高さと消化の困難さ、そして潜在的なカビ毒素の存在が関係しています。

猫に危険なマカダミアナッツを隠そうとしている飼い主

その他避けた方が良いナッツ類

猫にとって危険なナッツや似た種類の食品にはいくつかあります。ここでは、ピーナッツアーモンドを含む、猫が避けるべきいくつかの代表的なナッツ類について説明します。

アーモンドもまた、猫には適さない食品です。アーモンドにはシアン化物を生成する成分が含まれており、特に生のアーモンドを食べた場合には健康問題を引き起こす可能性があります。猫が生のアーモンドを摂取すると、嘔吐や下痢などの消化器系の問題を引き起こすことがあります。

他にも猫が避けるべきナッツ類はあります。

  • ブラジルナッツ:高脂肪であり、セレニウムというミネラルが過剰に含まれているため、摂取量によっては中毒を引き起こす可能性があります。
  • ヘーゼルナッツ:脂肪分が高く、消化不良や膵炎(すいえん)を引き起こすことがあります。
  • チェスナッツ(栗):特に有毒ではありませんが、硬くて消化しにくいため、喉に詰まらせるリスクがあります。

猫にこれらのナッツ類を与えることは、一般的に推奨されません。カビのリスクや有毒な成分を含むものもあるため、安全を期して避けるのがベストです。

関連記事

実際に起こってしまって時の飼い主の行動

猫がマカダミアナッツを食べてしまった場合、獣医師に診てもらうまでの間に飼い主が自宅で行える対処法は限られていますが、いくつか重要なステップを踏むことができます。

  • 落ち着く
    • まず、飼い主自身が落ち着くことが重要です。動揺してしまうと猫もストレスを感じ状況が悪化する可能性があります。
  • 獣医師に連絡
    • 猫がマカダミアナッツを食べたことをすぐに獣医師に報告し、猫の現在の状態、食べた量、食べた時間を詳しく伝えます。獣医師からの具体的な指示を受けるまで猫を観察し続けます。
  • 猫の状態を観察
    • 猫の様子を注意深く観察し、いかなる変化も見逃さないようにします。嘔吐、無力感、歩行困難などの症状が見られた場合はそれを獣医師に報告します。
  • 食べ物や水の管理
    • 獣医師の指示があるまで、猫に新しい食べ物を与えるのは控えます。ただし、水は常に利用できるようにしておきます。脱水状態を防ぐため、清潔な水をいつでも飲めるようにしておくことが重要です。
  • トリガー(マカデミアナッツ)を取り除く
    • 猫が再びマカダミアナッツにアクセスできないように、ナッツを含む食品を安全な場所に保管してください。
  • 交通手段の準備
    • 獣医師の診察が必要な場合は、迅速に動物病院に連れて行けるように、車や交通手段を準備しておきます。

注意点

家庭で行うことができる処置は非常に限られているため猫がマカダミアナッツを摂取した場合は、できるだけ早く専門の獣医の診察を受けることが最も重要です。自己判断での処置や過剰な対応は状況を悪化させることがありますので専門家の指示に従うことが肝心です。

ナッツ類を猫が食べることは珍しいかもしれませんが、万が一の事態に備えて知識を持っておくことは非常に重要です。普段から猫が誤ってナッツ類にアクセスできないようにすることが最善の予防策です。

「お留守番中何してる?」に応えてくれる

価格14,100円〜

Catlog 猫様の行動を24時間365日見守るスマート首輪 (S, 猫鈴ゴールド×ベージュ)

公式サイトを見る

楽天で見る

Amazonで見る

香箱座りになりかけている猫
猫の避妊手術のすべて:時期、費用、準備、利点、リスク、そして成功のためのポイントを解説

2024/5/19

術前の血液検査は5,000円から10,000円程度です。これにより、猫の健康状態を評価し、手術が安全に行えるかを確認します。

寝てるようで起きている
猫の3ヵ月〜1年の体重変化:小型・中型・大型猫の体重と痩せと肥満の原因と対策

2024/5/19

猫の平均体重はその品種やサイズによって大きく異なるため、一般的な分類として「小型」「中型」「大型」に分けて平均体重をお話しします。

爪研ぎをする猫
猫を去勢する前に知っておきたいこと:手順、費用、そして飼い主の役割・メリットとデメリットを解説

2024/5/18

「猫の去勢ってしておいた方がいいとは聞くけど実際に必要な理由とかそこまで詳しくないし、なんだか心配…」と思っている方も多くいるかとは思います。 今回は猫の去勢手術について、基本的な去勢をする理由であっ ...

猫にブラッシングをしているシーン
猫のコート別おすすめブラシ:長毛種から短毛種まで!猫の毛質別ブラッシング完全マニュアル

2024/5/17

猫のブラシングは毛並みを整えるだけでなく皮膚の健康と抜け毛を減らし毛玉の形成を防ぐ役割もあります。体調や皮膚の状態を知るためにブラッシングは猫とのコミュニケーションを取るためにも欠かす事ができません。

オッドアイの猫
猫の目は近視って知ってました?赤とピンクが識別できない?目が光る理由や猫の動体視力について解説

2024/5/14

猫は数メートル先の物体を非常に鋭く捉えることができますが、それ以上の距離では物の細部を見ることが難しくなります。これは猫が狩猟を行う際に、近距離での正確な動きを捉える能力が非常に重要であるため、そのように進化した結果です。

-ペット, , 猫の健康, 猫の食事
-, , ,